アメブロも更新してます。(不知火良のホームラン賞集め)

#31 同じ名前のバッティングセンター

#31 同じ名前のバッティングセンター

今日は2018年10月28日。

ちょうど一年前の同じ日の2017年10月28日、渋谷の「東京カルチャーカルチャー」にて「田中宏和運動全国大会2017」が催された。

全国から同姓同名の「田中宏和」さん87人が集まりギネス記録に挑戦した。

という、どうでも良いニュースを前に観て知っていた。

確かに10年前では、気にする事も特になかっただろうし、気にしても電話帳などで調べる労力を考えたらバカバカしい事にしか思えなかっただろう。

しかし過多な情報が溢れる今では、検索エンジンやSNS内で気軽にエゴサーチが出来、同姓同名の人を発見し、なんだか妙な親近感が沸く事も気軽に起こる事だ。

 

全国のバッティングセンターも同じく、全く同じ名前のバッセンが存在する。

思い出したり調べたりしすぎて頭がおかしくなってきて、字が似てるバッセンまでピックアップしてしまった。

ずいぶん前に朝日が昇った日曜日の午前中である。

このどうでも良さを追及した記事を読んで「どうでも良い」と思って欲しい。

 

因みに、田中宏和さんをはじめ、田中宏一さん、田中浩和さん、田仲博一さん、太中絋一さん、多名賀弘和さん、他中博和さん、多仲弘和さんら、読みが「タナカヒロカズさん」というだけで、東京オリンピックイヤーの2020年10月31日(土)に再度集まり、ギネス世界記録に挑戦するようだ。https://tanakahirokazu.com/

 

田中宏和宣言」によると、バカバカしく、他愛もなく、ささいなことに精進する、趣味のサークルとして、愉快さを楽しんでいるだけらしい。

スローガンは、「地球上の田中宏和さんたち!エンジョイ!!!」

との事。

私は「田中宏和」さんらの同姓同名ギネス記録挑戦を、どうでも良いと思っていたが、この記事を書いたら妙な親近感が沸いてきた。

 

私は自分の名前・固有名へのアイデンティティーを求める力が弱い。

夫婦別姓にも大賛成だし、家父長制的なイエ制度の名残りのような「性・苗字・名字」に興味が薄い。

加えて、親の好みか何かの都合で選択の余地なく与えられた「名前」にも興味が薄い。

自分の名前の由来など、どうでも良い。興味が薄いから親にも聞いていない。

だから、他人の名前・固有名も積極的に覚えようとは思わない。
(これは私の記憶力が悪く、確認不足が招いたS原さんの件の過激な言い訳である)

ただ、ニッポンジンは、やたらと年齢・名前・血液型にアイデンティティーを求める傾向がありませんか?

日常会話レベルでよく出てくるこのトピックにも興味が薄い。

これらに加えて、出身地・仕事・学歴・親族の要素を足せば、まともな日本人が出来上がる。

世間学研究では、基本的に肩書・年齢などでその場の空間のヒエラルキーがある程度、合意、形成、確認が出来ないと、上手く話せないのが典型的でまともな日本の「世間」人である。

これを日本ではまともで普通な「大人」「社会人」と呼ぶ。

私は、そんなまともな大人・社会人・世間人の話にも興味が薄い。

私は、まともじゃない会話でないと興味が出てこない。

でも、長男・中間子・末っ子・一人っ子のタイプ別性格診断の話と、カタルシス効果を得られる範囲でエスカレートし過ぎない程度の人の悪口には積極的に興味を出す。

私は、馬鹿馬鹿しく・他愛なく・ささいなことに情熱を注ぎ、精進し、愉快に思い、エンジョイするこの「田中宏和宣言」とおんなじ匂いのする、まともじゃなく、どうでも良い話に興味がある。

「へー」としか言いようがなく、どれだけ話されても「すごいっすねー」と、ただ気軽に褒めやすく、もちろん変にけなしたりも、し難い。

かといって、決して前のめりに興味も沸かないという、この、なんとも犯し難い「どうでも良さ」は、絶妙だ。

私の趣味もこの「田中宏和宣言」とほぼ同じ方向へ向かおう。

 

 

■■■同じ名前のバッティングセンター■■■

●愛知県と兵庫県と山口県の「甲子園バッティングセンター」

●神奈川県の横浜市と平塚市の「アサヒバッティングセンター」

それと、岡山県の「あさひバッティングセンター(閉店)」と千葉県の「旭バッティングセンターJAPAN」と三重県の「アサヒバッティング」

●北海道と宮崎県の「バッティングセンターFullSwing」

●神奈川県と宮城県の「中山バッティングセンター」

●神奈川県の「新橋バッティングセンター」と香川県の「新橋バッティングセンター(閉店)」

●静岡県の「タカダバッティングセンター」と岩手県の「高田バッティングセンター(閉店)」

●東京都豊島区の「大塚バッティングセンター」と千葉県の「大塚バッティングセンター(閉店)」

●兵庫県と神奈川県の「富士バッティングセンター」

それと、北海道の「フジバッティングセンター」と埼玉県の「春日部フジバッティングセンター」

●埼玉県の「春日部フジバッティングセンター」と「春日部東バッティングセンター」

●愛知県と岐阜県の「中日バッティングセンター」

それと、愛知県の「岡崎中日バッティングセンター」と「扶桑中日バッティングセンター」と「中日バッティングセンター」

それと、愛知県の「中日スタジアム(閉店)」と静岡県の「浜松中日BC(閉店)」

●兵庫県の「高砂バッティングセンター」と北海道の「高砂バッティングセンター」

 

 

■■■似た名前のバッティングセンター■■■

 

●宮崎県の「後楽園バッティングセンター」と山口県の「バッティングセンター後楽園」と新潟県の「三条バッティングセンター後楽園」

●和歌山県の「バッティングセンターブンブンスタジアム」と神奈川県の「バッティングパーク・ブンブン」

●山形県の「山形こうしえん」と「米沢こうしえん」

●兵庫県の「ミールバッティングセンタースラッガー」と北海道の「スラッガーズ」

それと兵庫県の「ミールバッティングセンタースラッガー」と兵庫県の「多田ハイグリーンバッティングドームスラッガーズ」

それと熊本県の「錦バッティングセンタースラッガー」と北海道の「デジタルバッティングスタジアム スラッガーズ」

●長野県上田市の「丸光バッティングセンター」と長野県上田市の「丸子バッティングセンター」と神奈川県の「丸子橋バッティングセンター」

●山梨県の「都留バッティングセンター」と岩手県の「都南バッティングセンター」と宮崎県の「都城バッティングセンター」

●青森県の「城東バッティングセンター」と香川県の「城南バッティングセンター」

●都南 海南 日南 阿南 阪南 城南 駅南 興南 碧南 公園南 ~バッティングセンター

●神奈川県相模原市の「大野台バッティングセンター」と神奈川県相模原市の「大野バッティングセンター」

●福井県福井市の「北陸バッティング」と福井県越前市の「北陸バッティング武生」

●神奈川県の「アストロ大和バッティングセンター」と奈良県の「大和バッティングセンター」と兵庫県の「天和バッティングセンター」

●埼玉県の「スカイバッティングセンター」と長野県の「長野スカイバッティングセンター」と大阪府の「ブルースカイバッティングセンター」

●東京都の「サンスクエアスタジアム」と三重県の「サンスタジアム」と栃木県の「サンバッティングスタジアム」鹿児島県の「サングリーンドーム」

●香川県の「バッティングセンター瀬戸」と高知県の「瀬戸バッティングセンター(閉店)」

●長崎県の「大黒ゴルフ・バッティングセンター(閉店)」と広島県の「大黒天心道バッティングセンター」