長野県長野市 アピナ長野村山店・バッティングスタジアム ナガノムラヤマ【HR的あり】

NO IMAGE

長野県長野市 アピナ長野村山店・バッティングスタジアム ナガノムラヤマ【HR的あり】

HP:http://www.kyowa-corp.co.jp/shop/20_01.php
ナビ:https://www.battingcenter.com/nagano/3985/
 
住所:〒381-0011 長野県長野市村山502-1 
 
電話番号:026-295-9911

営業時間:年中無休
平日土日祝 10:00~24:00

料金:300円
 
駐車場:198 台(無料)

柳原駅より徒歩15分くらい

-------------------------------------------------------



アピナとはメダルゲームやアーケードゲームが充実しているゲームセンターであり、バッティングセンターもあったりする施設である。
ホームページを見ると(2017/9/21現在)北は北海道から西は三重県まで各県ではないが、全国12県26店舗(バッセン有りは6店舗)も展開している。

こちらアピナ系列のバッセンは、どこも打席数が多く、独立したバッセンとして甲子園を控えた高校球児が通いそうなバッティングセンターであり、ゲームセンターとしてもそれだけで遊びに行くような大型ゲームセンターである。

 

店舗入り口にあったバットのショーケースが気になって、こちらアピナ系列で、初めてビヨンドやJグリップバットを使わせてもらった記憶がある。

確か会員になると写真の通り、複数の高性能メーカーバットを貸し出してくれる。

実際バッティングセンターで試し打ちできるのは、ユーザーにとってうれしい。

 

 

 

 

~名前が似てて間違えやすいバッセンまとめてみる~

 

●「アミパ・アミューズパーク」一覧なし

HPは各店舗独自ドメイン(KSCバッセン小山店などの系列別名店舗も有り)・・・範囲:福島、宮城が主だが北関東や新潟、東京都足立区にも点在

●「レジャーランド」一覧(バッセンの有無は非掲載・スポーツウェーブ鉄腕24などの系列別名店舗も有り)・・・範囲:北陸、関東甲信越、東北に点在、大阪にも1店舗ある

http://www.yamazakiya.co.jp/shop/

 

●「バッティングららら」一覧(篠木・小牧・三郷・牛野・尾西・千音寺・港・緑の8店舗)・・・範囲:愛知県のみ

http://www.lalala-web.co.jp/batting/info/

 

●「ホームランドーム」一覧(岡山・茨木・姫路・飾磨・高松・松山・徳島・松江)・・・範囲:関西、中国、四国

http://www.homerundome.com/

 

●「ドーム23」一覧(針木・御座・四万十)・・・範囲:高知県のみ

http://www.dome23.jp/

 

●「スウィングスタジアム」一覧(横浜店・市原店・千葉みなと店)

https://swingstadium.com/

 

●「スウィングスタジアム」一覧(横須賀店・湘南店)

http://swing.chikouyore.com/

 

●福井県の北陸バッティングと北陸バッティングセンター武生

●神奈川県の大野台バッティングセンターと大野バッティングセンター

●千葉県の東金バッティングセンターとトウガネ田間バッティングセンター

●アサヒバッティングセンター(神奈川県の横浜市と平塚市)

&岡山県のあさひバッティングセンター(閉店)と千葉県の旭バッティングセンターJAPAN

●山形県の山形こうしえんと米沢こうしえん

●甲子園バッティングセンター(愛知県と兵庫県と山口県)

●埼玉県の春日部フジバッティングセンターと春日部東バッティングセンター

●山形県のファミリードーム2店舗

●神奈川県の東京バッセンパート3と東京バッセンナンバー3

●青森県の城東バッティングセンター3店舗

●大阪府のバッティングセンター シャローム2店舗

●宮崎県の後楽園バッティングセンター

●富山県のベースボールハウススタジアムとベースボールハウスMVP有沢とベースボールハウスMVP山室

●兵庫県の富士バッティングセンターと神奈川県の富士バッティングセンター

●「スポーツセンター・ボールパーク・スポーツランド・スポーツパーク」がつくバッセン

●「スタジアム・ドーム・プラザ・パレス・ガーデン」がつくバッセン

●「後楽園」がつくバッセン

●・・・etc

 

事前に調べるのも楽しいし、予期せず見逃しちゃったり、再訪しちゃったりしたら、そのロスも楽しい。

まだまだ未開の関西・中国・九州の地にも、この手の紛らわしさがあると思えば、また楽しくなってくる。

またいつか行こう。

 

似たネーミング、まさかの同名、漢字カナ表記の違い、バッセンぽくない名前など、間違えなくとも地図上で整理していると煩わしい、だが、こうして同じところじゃないんだ、違う別のバッティングセンターなんだ、と調べてる時の楽しさがあるのがバッセン旅の魅力。