アメブロも更新してます。(不知火良のホームラン賞集め)

言わんとしてるところは分かる

2/2ページ

#21 ロケ地とバッティングセンター

この記事を書き始めて、最初はロケ地の情報ってそんなに出てないんだな、とナメてかかっていたらロケ地情報サイトを見つけてしまい、かなり時間がかかった。 相当シンドかった。 サンプリングしてきた全74ケースをランキングにすると、かなり登場回数の偏りが見られた。 多かった順に、 「大塚バッティングセンター」(豊島区)が9回、 「スウィングスタジアム横浜」(横浜市)が7回、 「オークラランド」(世田谷区)が […]

#18 記憶に残るプルヒッターとバッティングセンター

引っ張って豪快なホームランという印象をもたせたプロ野球選手。 イメージしてみると皆、派手なフォロースルーの記憶が残る。 そんなザ・大砲という記憶を残したプルヒッターと、 もしかしたらその野球選手がイチローみたいに毎日通ったかもしれないバッティングセンターを組み合わせる。 少し昔の選手が多いため、実際にその選手が来たかは甚だ疑問が多い情報だが、 引退後やオフシーズンなどに、そのバッセンで打った可能性 […]

#15 野球場に隣接するバッティングセンター

■はじめに ~総体に呼び出し~ さきの「恐怖体験ベスト3」の記事で私的な過去の事について思い出したので、「バッセン旅」とは関係ない、地元であまり共有されていない、別の私の恐怖体験の事件を書いておきたい。 名付けるならば「総体ワンパン事件」といった所だろうか。 この事件について私は当事者ではなく、野次馬根性で偶然目の当たりにした出来事であり、当事者らに真相を聞いてもいないので、他人にあまり口にしてい […]

#13 タイのバンコクバッティングセンター

タイのバンコクバッティングセンターに行ってきたので、純粋に旅行記を書く。 事前に調べた際にホムペが日本語であったし、ロゴのシルエットが言わずと知れた有名な野球選手、シアトルと愛知県のヒーローだったので、もしや日本の方がオーナーさんなのではないかと予想していた。 勿論、その疑問を解決したいだけなのであれば、問い合わせれば分かる。 このバッセン旅は、ただバッセンの知識を増やす事が目的なのでは無い。 バ […]

#9 ダムの名所とバッティングセンター

出来るだけ多くのバッティングセンターに行って欲しい。 観光と合わせてバッティングセンターに行って欲しい。 せっかく行くならマイナーな土地まで行ってほしい。 遠くへ遠くへ「都市部<郊外<僻地」の感じでより遠くへ行ってほしい。 そして交通アクセスの悪い僻地のバッティングセンターを堪能して欲しい。 そんな自分なりのローカルツーリズムをつくるのを楽しんで欲しい。 それがメンタルヘルスツーリズムの効果を生み […]

#8 ホームラン賞で萌える景品がもらえるバッティングセンター

もし、ここまでの何記事かを読んでもらえたら、この趣味のどうかしてる感じが少しは理解してもらえたのではないかと思う。 そして、このバッセン巡りという行動がとてもじゃないが人にオススメするようなもんでもない事も伝わっていると願う。 これを人に勧める行為は「このDVD絶対に観た方がいい」とか「あそこのラーメン絶対食べた方がいい」というような価値観の押し付けや主観のゴリ押しと似たもので、迷惑さ度合いは変わ […]

#5 七大工場夜景とバッティングセンター

全国には、野球好きで毎週末のようにバッティングセンターに行かれる方は多くいるだろう。 ただそれは自宅近辺や会社・学校近辺などのおおよそ生活圏の中であろう。 私もバッティングセンターが好きと話すと、上記のようなイメージを持たれる。 それを訂正するのもなんなのであまり説明はしないようにしている。 私も自宅から徒歩圏内のバッセンに通い詰めた経験もあるが、このブログ(bassen-tabi.com)で推奨 […]

#4 23区内の駅近スパとバッティングセンター6選

23区内で駅から徒歩圏内のスパと、駅から徒歩圏内のバッティングセンターを結びつける#4の記事。 まず、スパって何? いわゆる町中の銭湯ってのが「公衆浴場法」って法律で料金の制限がされてるらしい。 入浴料がだいたい5~600円で、よく刺青を見かけて、となりにコインランドリーが併設されてる事が多くて、閉店時間はバラバラだけど早いと夕方遅くても23時くらいにはしまるってイメージ。 基本的には斜陽産業だろ […]

#3 郷土そば(ご当地そば)ベストナインとバッティングセンター

郷土そばのトピックは、このブログが目指してる「マイローカルツーリズム作り」の手引きと親和性が高い。 なぜなら、最初に一人旅行にハマり出した頃にぼんやり調べたのは全国の「温泉・蕎麦・滝・絶景・地酒・文化遺産・裏風俗」だったから。 ただ、絶対に食べた方がいいグルメ〇〇選とか、絶対に見た方がいい絶景〇〇選みたいに調べて行っても満足感MAXの旅行にはならないんだよね。 人に「このDVD絶対に観た方がいい」 […]

#1 日本三大和牛とバッティングセンター

・日本三大和牛、三大ブランド牛とは? 基本的に「松阪牛」「神戸牛」はほとんど当確で、 もうひとつは「近江牛」か「米沢牛」のどちらか、あるいは両方いれて「四大和牛」と称する。 でも「前沢牛」「飛騨牛」「佐賀牛」もノミネートされて受賞したりもする。   結果、日本三大和牛とは、人により場合により変わり、意見が分かれるらしいです。 「日本三大和牛・三大ブランド牛」ってしっかりカテゴライズされて […]